多発しているトラブル

過払い金請求は自分でも行うことができますが、貸金業者との交渉や専門的な金利計算が必要ですので、ほとんどの人が弁護士や司法書士に依頼して行っています。法律などに詳しくない私たちは、弁護士や司法書士に頼るしかないわけですが、それを逆手に取る弁護士や司法書士がいて、様々なトラブルが発生しています。

どのようなトラブルが発生しているかというと、確実に過払い金を支払ってくれる大手の貸金業者の分しか請け負わなかったり、一般的に過払い金の1割~2割を弁護士や司法書士が報酬として受け取るのですが、9割以上の報酬を受け取る弁護士がいたり、ヤミ金の過払い金請求を拒否などです。また、どの貸金業者からいくらの過払い金が回収できたのか、報酬としていくら受け取ったのか、よく内容が分からないというトラブルも最近は多発しています。

つまり、儲け主義の弁護士や司法書士は、何も分からない一般人をだまして、多額の報酬を受け取ったり、面倒で成功するか分からない仕事は請け負わないというわけです。最近は、残念なことに、このような弁護士や司法書士が増加していて、実際に多くの報酬を、債務者に内緒で受け取っていた司法書士が実刑判決を受けた例もあります。このようなトラブルに合わないように、過払い金請求をする時は、注意して弁護士や司法書士を選ぶようにしましょう。

 

トラブルを避けるには

多発している過払い金請求を巡るトラブル。そのトラブルに遭わないようにするには、過払い金請求を依頼する弁護士や司法書士をよく選ぶということが大切です。どのようにして選べば良いのかというと、実績を見るということです。トラブルが多い弁護士や司法書士はあまり利用されていないはずです。恐らく、実績も少ないでしょう。

それに反して、人気の高い弁護士や司法書士は、多くの人に信頼されて利用されていますので、多くの実績があるはずです。そんな弁護士や司法書士なら、トラブルも起こらず、過払い金請求もスムーズに進むことでしょう。また、人気の高い弁護士や司法書士は、どんな貸金業でも請け負ってくれるところがほとんどで、大手の貸金業者しか請け負わない、確実に過払い金が取れる貸金業者しか請け負わないということはありません。ヤミ金こそ多額の金利を取っているのですから、過払い金を請求すべきです。それによって、借金が帳消しになることもありますので、諦めずに過払い金請求を行いましょう。

あと、良い弁護士・司法書士かどうかを判断するには、実際に話してみるのが一番です。どんな弁護士・司法書士なのか、自分の目や耳で確かめれば、一目瞭然。どんな人なのか、簡単に判断できるでしょう。